『クリミナルガールズ』がDMMにてエロブラゲーに。違う・・・違う・・・小池一夫さん「女の子が頬を赤らめている描写として斜線を描くのはあまりにも安直。画力不足=頬の斜線の多用」

2014年06月26日22:50

2014y06m26d_215439703





ラース・フォン・トリアー監督の超問題作「ニンフォマニアック」公開決定!
http://eiga.com/news/20140626/15/

subb_large


 デンマーク出身の鬼才ラース・フォン・トリアー監督が女性のセクシュアリティをテーマに描いた問題作「ニンフォマニアック」が、全国で順次公開されることが決定した。2部構成となっており、第1弾が10月11日、第2弾が11月1日に封切られる。

「奇跡の海」でカンヌ映画祭のグランプリ、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で同映画祭の最高賞パルムドールを獲得したトリアー監督の最新作は、「ドッグヴィル」「アンチクライスト」「メランコリア」といった衝撃作をも凌駕するセンセーショナルな内容。極限の状況下における愛の形を表現してきた映画界の異端児が、自らをニンフォマニアック=色情狂と認めるひとりの女性の半生を詩的かつユーモラスに描き切った。

快楽を求めて不特定多数の男性とセックスにふける主人公のジョーに扮するのは、これまでもトリアー監督作で体当たりの演技を見せてきたシャルロット・ゲンズブール。「トランスフォーマー」シリーズのシャイア・ラブーフもジョーの相手役として過激なラブシーンを披露する。そのほか、ウィレム・デフォーやステラン・スカルスガルド、ジャン=マルク・バールらトリアー組の常連に加え、ユマ・サーマン、クリスチャン・スレイター、ジェイミー・ベルら豪華な顔ぶれが、8つの章でつづる「性」の旅路に挑んだ。

凍えるような冬の夕暮れ、年配の独身男セリグマン(スカルスガルド)は、けがを負って倒れている女性ジョー(ゲンズブール)を裏通りで見つけ、自宅のアパートに連れ帰り介抱する。けがが回復し、いきさつを尋ねられたジョーは、自身の生い立ちについて赤裸々に語り始める。

「ニンフォマニアック Vol.1」は10月11日から、「ニンフォマニアック Vol.2」は11月1日から、東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国で順次公開。







やっと公開けえ・・・

日本だと規制まみれになったりしちゃうのかねえ・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加  コメント( 3 )トラックバック( 0 )


【予約開始】

61OKz5L8QnL
ペルソナ5 20thアニバーサリー・エディション
 / 通常版

この記事へのコメント

1. Posted by カオスな名無しさん   2014年06月27日 00:41 ID:.ONv.D6t0
結局は、性の話が一番興奮するのかね
2. Posted by     2014年06月27日 07:49 ID:NMSQveHu0
セクロス、殺人、銃、薬
こればっかじゃん
3. Posted by カオスな名無しさん   2014年06月27日 22:21 ID:aYtG4mX70
この人の作品は問題作ばかりなのは良いんだが、
どんどんゲスい方向にいってる気がする。
安易なエロを売りにするのはやめてほしいな。
劇場に見に行きにくくなるだけ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

 ※スパム対策で「http://」を禁止ワードにしています。URLを貼り付ける場合はhを抜いてください。

『クリミナルガールズ』がDMMにてエロブラゲーに。違う・・・違う・・・小池一夫さん「女の子が頬を赤らめている描写として斜線を描くのはあまりにも安直。画力不足=頬の斜線の多用」